特徴を知って

ふるさと納税には、様々な特徴やメリットがあります。特産品をもらうことが出来たり、生まれ故郷でなくても好きなところを選べたりします。それ以外にどんな特徴やメリットがあるのか簡単に紹介していきます。

控除の金額

ふるさと納税を行なう上で、どのくらいの税金控除が受けられるのかが気になります。自分の家族構成などによって変わってくるので、まずは行っている法人に相談しましょう。無料で控除額について受付を行っています。

使い道を決める

税金は通常、使い道を自分で決めることが出来ません。ですがふるさと納税であれば、地域における税金の使い道を決めることが可能なのです。自分がその地域に対してどういったことにお金を使って欲しいのかを明確にしましょう。

好きなところへ

納税は、国民の義務です。
税金によって、助かっている部分もあり、そのため様々な場面において税金がかけられています。
身近なものでいえば、物を買ったときにかかる消費税があります。
税金は、国民生活を支える上で重要な役割があります。
いま、そういった必ずかかる税金ではなく、ふるさと納税という制度が生まれています。
ふるさと納税とは、自治体への寄附金のことをいいます。
個人で2000円を超える寄附をしたときに、住民税のだいたい1割程が所得税と住民税からそれぞれ還付、戻ってくるという仕組みです。

ふるさと納税は、納めると特産品がもらえます。
また、生まれた地域や故郷でなくても、納税することが出来ます。
好きな場所や土地などに寄附をすることが可能なのです。
さらに、税金の使い道を自分で決めることが出来ます。
日本の通常の税金だと、国が管理し、使い道を決めていますが、これは唯一使い道を設定することが出来る制度になっています。
特産品などももらえ、使い道も決めることが出来るので、全国的に広まりつつあります。

ふるさと納税を行なうと、その土地の特産品を寄附のお礼として受け取ることが出来ます。
いまは高くなってきている野菜や果物など、通常お店で買うと高いものでも、送ってくれる自治体もあります。
中には、お中元やお歳暮の代わりに、ふるさと納税をして特産品をもらっている人がいます。
特産品ではなく、その地域の宿の宿泊券や施設優待券などがもらえる場合もあります。
自分の地元や故郷でなくても寄附が可能なので、旅行したいところに寄附をするという方法をとることも可能です。
その地元に寄附をすることで貢献が出来て、かつ特産品などをもらうことが出来るのが魅力です。
自分のやり方次第で大変お得になるので、この制度を活用していきましょう。

仕組み

ふるさと納税を行なう場合は、その仕組みについてしっかり理解しておく必要があります。理解せずにふるさと納税をしてしまうと、後悔することになってしまいます。税金が控除する仕組みを理解しておくことが大切です。

流れ

ふるさと納税を利用する場合は、流れを知っておくことが大切です。ある程度の流れを知っておくと、スムーズにふるさと納税を行なうことができます。まずは納税する都道府県、市区町村を選ぶことから始まります。

注意点

ふるさと納税を利用する場合は、注意点を知っておく必要があります。注意点を踏まえた上で利用しないと、トラブルの原因になります。特産品がもらえるのは、年に1回というのも注意点の1つです。

ふるさと納税から得られる多くのメリットや特徴